ロゴ
HOME>Review>薪ストーブを購入するときに気を付けておきたいコト

薪ストーブを購入するときに気を付けておきたいコト

薪ストーブ

薪ストーブを購入したいと考えた場合、購入先選びや製品選びに注意しましょう。慎重に選ばないと購入後に後悔することも考えられるため、薪ストーブ利用者のアドバイスを参考にして探すことをおすすめします。

みんなの口コミ

メンテナンスをしてくれる業者から購入したほうがいい

煙突掃除は1年に1回、湿気を吸ったりして固着してしまえば、掃除に手間を取ってしまいます。うちのログハウスには薪ストーブが合うだろうと、施工から一貫してサービスを請け負う業者から購入しました。というのも、安全に使うために点検をしたり、一番は掃除が欠かせなくなったりするからです。日常的に行う手入れは、ササッとパパっと済ませられますが、シーズンオフに行う煙突掃除は難しいし、手間がかかることは自分達の場合リサーチ済みでした。ドアのガラスに付くタールやスス汚れを落としたり、耐用年数が過ぎる部品があれば交換も必要になったり、ワザワザ道具を揃えるのも気が引けました。メンテナンスが大事なのは分かり切っているけれど、年齢には勝てず、体力もないので、定期的にメンテナンスをしてくれる業者から買いました。おかげで苦労することなく、薪ストーブがある暖かい暮らし方ができています。
【50代 男性】

どんな商品が良いのかカタログやショールームで確認を!

モデルハウスに設置してあるのを見て、薪ストーブが欲しくなり、購入しました。ただ、メーカーによって種類も沢山あるので、カタログを取り寄せたり、自分の場合はショールームで製品をしっかり確認したりしました。デザインと機能性など、選び方は千差万別ですから、見た目のデザインから選ぶにしても、実際見てからの方が失敗はないとも思えます。デザインを重視したばかりに、性能が落ちやすく、余計なメンテナンス費が必要になるかもしれないですから、ポイントだと思えます。また、デザインに偏り過ぎて、使い勝手まで考えていない選び方をした知人を知っていたので、どんな薪ストーブがいいのか吟味するには、製品を確認することを勧めます。自分も、外見で惚れた薪ストーブがなかったワケではないのですが、薪の長さや燃焼時間、出力など、双方で満足できる製品ではなかったので断念しました。最終的には、価格も加味してショールームで確認して、適した薪ストーブを購入し、満足しています。
【60代 男性】